RoKuのバイクLIFEブログ

バイク関連の記事やツーリングレポートを書いていきます!

紅葉シーズン到来?福島猪苗代ツーリングをご提案!

f:id:irockclock:20181102115304j:plain

こんにちは、Rokuです。

 

また少し時間が空いてしまいましたが、10月21日に福島県猪苗代湖周辺紅葉狩りツーリングに行ってきました。

 

目次

今回のルートについて

夕方からの出発だったので下道で東北へ向かうのは少ししんどいなと思ったのと、当日は雨上がりだったので高速でバビューンと向かいます。

f:id:irockclock:20181102114919p:image

東京発で東北道を通り郡山ICへ、3回ほどサービスエリアで休憩を取りましたので3時30分ほどかかりました。

昼夜問わず防寒対策はすべき

走った時間帯は郡山へ行くのに午後8時~12時、郡山から猪苗代付近をツーリングする時間午前9時~午後15時と昼と夜を走ったことで思ったのが「福島はもう寒い!Σ(・□・;)」

 

都内がそこまで寒くないのでそんなに防寒着を着こんだりせずに向かった結果、風邪をひくかと思うほど寒かったです。

 

夜は確認した気温で9度、昼も日差しが暖かかったですが風は冷たいです。なので福島方面へ紅葉ツーリングを検討中の方は防寒対策はしっかりとして行くべきです。

 

ただし東北道を通行中に見上げた夜空はプラネタリウムにいるのかと思うほど星がきれいに見えました。

寒さを我慢して夜走るのも良いです。

前泊するなら郡山市内がおすすめ

郡山IC付近はホテル・ビジネスホテルなどの宿泊施設が数多くありました。かつコンビニやガソリンスタンドなどもあるので出発前準備などに非常に便利です。

 

猪苗代湖磐梯山周辺までも下道で1時間圏内の好立地です。9時ごろの出発でも渋滞に巻き込まれることは無かったので快適なツーリングができました。

 

僕が宿泊したホテルの駐車場にもバイクが数台止まっていました。

今回走った道

f:id:irockclock:20181102115810p:image

今回は立ち寄りどころを少なくしてひたすら走りました。

母成グリーンライン

郡山市内から磐梯吾妻レークラインに向けて走り出して最初に入る県道です。ここから少しずつ山道に入っていきます。

 

f:id:irockclock:20181102121231j:plain

交通量も少なく走りやすい道だなといった印象です。

 

紅葉もところどころ染まり始めていて綺麗でした。ただだんだんと標高が高くなるにつれて寒くなるので母成グリーンラインに入る前には防寒対策をしましょう。

磐梯吾妻レークライン

磐梯吾妻レークラインは秋元湖の先端から小野川湖まで、湖に沿って走る県道70号線です。

 

秋元湖の方は最初は全然見えなかった湖も進んでいくに連れて山を上り上から湖を見下ろせるようになり、そこからの景色が素晴らしいです。ただし駐車できるスペースがないので要注意です。

 

私のおすすめは山を降りてきて秋元湖の畔です。

f:id:irockclock:20181102115023j:image
f:id:irockclock:20181102115846j:image

道路沿いですが駐車スペースが広くあるのでここで写真を撮ったり湖を眺めたりできるのでここはおすすめのポイントです。

磐梯山ゴールドライン

磐梯町から桧原湖へ向かう県道64号線です。

 

僕は桧原湖方面から磐梯町方面に向かい左側には磐梯山があり、始まったばかりの紅葉がとても景に見えます。

 

磐梯山ゴールドラインには滑滝やまぼろしの滝など立ち寄れそうなスポットがありましたが、お昼過ぎに通ったせいか駐車場は満車で混雑してそうな雰囲気がありましたので今回はパス。

 

次回は立ち寄ってみたいな...

 

最高地点を超えて下りに入ると、広い駐車場が出てきますので上を止まれなかった人にはおすすめです。

 

正面には猪苗代湖が...

f:id:irockclock:20181102115502j:image

f:id:irockclock:20181102115133j:image

振り返ると磐梯山が...

f:id:irockclock:20181102114752j:image

f:id:irockclock:20181102115151j:image

紅葉が始まる磐梯山猪苗代湖も楽しめるので磐梯山ゴールドラインへ行く予定の方は是非お立ち寄りください。

吾妻磐梯山スカイラインは全面通行止めだった

今回の最大の楽しみにしていた吾妻磐梯山スカイラインは9月18日より吾妻山の噴火警戒レベルガ1から2に引き上げられたことにより全面通行止めになっています。

 

僕がバイク乗りたての頃から読んでいるタケタンさんの「気ままな放浪記」で紹介されている美しい景色を見てから数年絶対に行きたいと思っていました。安全の為の通行止めですが行けなかったのは非常に残念でした。

 

見たかったなぁ...

(タケタンさんの記事より抜粋)

blog.goo.ne.jp

今回立ち寄った場所

ツーリング中ほとんどノンストップだったこともあって、立ち寄ったところは少ないですがご紹介したいと思います。

中津川渓谷レストハウス

f:id:irockclock:20181102120818j:image

磐梯吾妻レークラインの中間点ある道の駅的な場所です。

設備十分の休憩スポット

この中津川渓谷レストハウスにはトイレ・自動販売機・物産市場・軽食堂があるので休憩スポットとしておすすめです。

 

写真撮るのを忘れてしまったのですが、ここのソフトクリームはアイスはもちろんですがコーンが少し違うのでとてもおいしかったです。

www.tripadvisor.jp

渓谷までの道のりは険しいでも景色は最高

f:id:irockclock:20181102115223j:image

中津川レストハウスから徒歩10分ほどで中津川渓谷まで行けます。看板にも書いてあり「10分くらいなら行くか!」と思い向かいました。

 

この軽い気持ちが失敗でした...

 

確かに距離的には10分ほどの距離でしたが道のみが険しすぎる!

 

f:id:irockclock:20181102121206j:plain

f:id:irockclock:20181102121156j:plain

細い道に加えて足元はチュチュルの地面で滑りそうなのに、段差の急な階段デコボコな岩場運動不足の僕にとってはかなりい良い運動になりました。

 

ただその険しい道を進むと紅葉でとてもきれいな渓谷の景色が待っていました。

f:id:irockclock:20181102115304j:image
f:id:irockclock:20181102115325j:image

 

この景色を拝むための試練の道と行っても過言ではなかったけど、普通のスニーカーではなくトレッキングシューズだったらもっと楽に行けるかもです。

道の駅 ばんだい

道に駅ばんだいは磐梯山ゴールドライン抜けの休憩スポットにおすすめです。

 

中津川渓谷レストハウスと同様にトイレ・自動販売機・食堂があります。ただし食堂はお昼を過ぎても行列が並んでるほど混雑しいるので昼食を取る際は注意が必要です。

道の駅ばんだい

まとめ

ツーリング前日は雨上がりの路面に夜道の寒に少し失敗したなと正直思いました。

 

でも磐梯山・猪苗代の景色に中津川渓谷の紅葉は一見の価値ありだと断言できます。

ツーリングをして2週間(記事書くの遅すぎ)なので今が見ごろだと思いますので、ぜひ紅葉狩りの目的地は福島県猪苗代周辺をおすすめしたいと思います。

 

Roku